USCPA(米国公認会計士)は英語ができない人も合格できる?

当ページのリンクには広告が含まれています。
英語が話せない人

本記事では、USCPA(米国公認会計士)は英語ができなくても合格できるのか、必要な英語力、TOEICの目安を解説します。

本記事のまとめ

・USCPAは、英語ができない人でも合格可能

・英語が苦手な場合は、日本語のテキストが充実しているアビタスを利用する。

アビタスであれば、TOEIC400〜500ぐらいの方でも、USCPAの合格実績がある。

直近のオンライン説明会のスケジュールは、アビタス公式サイトから確認できます。

\ オンラインで参加可能

アビタスの評判、口コミについては、こちらで詳しく解説しています。

目次

USCPA(米国公認会計士)は英語ができない人も合格できる?

USCPAは、英語ができなくても、合格可能です。

英語力の目安として、TOEIC750あれば、問題なく勉強を進められます。

ただし、英語ができない人でも、日本語のテキストが充実している予備校を選ぶことで、合格することが可能です。

英語ができない場合、USCPAの前に英語を勉強するべき?

結論、不要です。

USCPAの試験では、会計の専門用語の単語が多く出てきます。

USCPA合格という目標に対しては、先に英語の勉強をしても非効率です。

USCPAは、質問の型を覚えることで、答えることが可能だからです。

ただし、基本的な英文法によほど自信がない場合は、USCPAを勉強しながら、英文法の本を読むことをおすすめします。

USCPA合格の英語力の目安

TOEIC750が目安となります。

英語ができると制限時間内に読める文章量が多いため、有利になります。

一方で、合格実績として、TOEIC400〜500の方も合格しているため、予備校選びが重要になります。

英語ができない場合のUSCPA予備校

USCPA予備校は数多くありますが、

英語ができない場合、USCPAの予備校は、アビタス一択です。

アビタスは日本語テキストが最も充実しており、日本のUSCPA合格者の約3人に2人がアビタスの卒業生だからです

\ オンラインで参加可能

アビタスの費用については、こちらで詳しく解説しています。

英語ができないUSCPAのキャリア

英語ができなくても、USCPAを取得すると、監査法人、コンサル、外資事業会社など幅広くキャリアアップすることが可能です。

ただし、USCPAの価値を最大限生かすためには、英語ができた方がさらに選択肢が増えます。

英語が苦手な場合のUSCPA取得後のキャリア例

コンサル

外資コンサル、日系のコンサルなど、必ずしも英語力が必要なわけではありません。

コンサル転職については、現役コンサル監修のおすすめ転職サイトを参考にしてください。

監査法人

USCPA取得後に監査法人に転職する方は多いですが、プロジェクトによっては、ほとんど英語を使いません。

事業会社経理

テキストベースで英語を使うことはありますが、ミーティングで英語を使う機会はあまり多くありません。

まとめ

英語ができなくてもUSCPAに合格できるのか解説しました。

目安として、TOEIC750あれば、十分合格可能です。

TOEIC400〜500程の場合は、予備校選びに気をつければ、合格は可能です。

英語が苦手な場合は、日本語テキストが豊富なアビタスが最も効率的に学習を進められます。

直近のオンライン説明会のスケジュールは、アビタス公式サイトから確認できます。

\ オンラインで参加可能

アビタスの評判、口コミについては、こちらで詳しく解説しています。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

経営コンサルティングファーム勤務。
事業戦略、PMOなどを経験。

コメント

コメントする

目次