【後悔】USCPA(米国公認会計士)は意味ない、やめとけと言われる理由を解説。

当ページのリンクには広告が含まれています。
USCPAは役に立たない?

本記事では、USCPA取得に100万円以上かけた筆者がUSCPA(米国公認会計士)は意味がない、やめとけと言われる理由について、解説します。

USCPAの詳細が気になる方は、アビタスの無料説明会に参加すると、USCPA取得後のキャリアや必要な勉強時間が分かります。

直近のオンライン説明会のスケジュールは、アビタス公式サイトで確認してください。

本記事のまとめ

USCPAが意味ない、やめとけと言われる理由は、日本の会計士と比較して知名度、難易度が低いと思われているから。

・実際には、USCPAは、大手企業、グローバル企業を中心に高く評価されるため、大幅にキャリアアップ、キャリアチェンジが可能

・最短で合格するには、合格者実績が豊富な

アビタスを利用する。

\ 最短合格でキャリアアップ

スクロールできます
ハイクラス向け転職サイト一覧
リクルートダイレクトスカウト年収800万以上のスカウトが届く
ビズリーチ転職後の平均年収840万円
目次

USCPA(米国公認会計士)は意味ない、やめとけと言われる理由

仕事をするUSCPA

試験の難易度が公認会計士より低いため意味がない

取得にかかる時間で比較すると、USCPAは、日本の公認会計士資格より短い時間で取得できます。

そのため、USCPAは、日本の公認会計士資格よりも、難易度が低いと思われています。

USCPAの国内知名度が低いから役に立たない

日本の公認会計士よりもUSCPAの知名度は低いです。

そのため、日本企業の採用において、優遇されない場合もあります。

しかし、近年では、USCPAの知名度は上がっており、多くの場合で、キャリアアップが可能です。

キャリアチェンジの役に立たない

会計の業務経験がない未経験の人がUSCPAを取得しても、監査法人やコンサルティングファームへ就職できないと思われています。

実際には、未経験でも監査法人やコンサルティングファームへ就職することは可能で、USCPAを取得していなくても、勉強中である旨を伝えるだけでも、選考で有利に働く場合もあります。

将来性がない

会計業務は、AIに代替されるため、会計士の需要はなくなると言われてきました。

しかし、現在の監査法人は常に人手不足です。

さらに、今後、USCPA取得者は、需要が高まり、さらに重宝される人材になる可能性があります。

なぜなら、東証は、海外からの投資マネーを呼び込もうと、プライム市場の上場規則を改正し、2025年の3月からおよそ1,600社を対象に決算短信と適時開示情報の英語での開示を義務化する方針だからです。

東証 プライム市場の企業に決算情報など英語で開示 義務づけへ

参照元:NHK WEB

USCPAを取得するデメリット

デメリット

1年〜2年の時間が犠牲になる

USCPAは、就職や転職において、役立つ資格ですが、平均1年〜2年の勉強時間が必要です。

そのため、自身のライフプランによっては、本当に取得したい資格なのか考える必要があります。

体調を崩す可能性がある

USCPAは、長期間の戦いです。

勉強期間中に、仕事が忙しくなったり、試験に落ちてしまったりすることがあり、体調を崩す場合があります。

\ アビタスで最短合格する

USCPAを取得するメリット

メリット

グローバル企業中心に評価される

海外の企業やグローバルに事業を展開する日本企業に、評価されるのがUSCPAです。

監査法人以外でも活躍の幅が広い

監査法人だけでなく、コンサルティングファームや大手企業の経理部への就職に役立ちます。

コンサルティングファームで働く若手コンサルタントが更なるキャリアアップのために、USCPAの勉強を始める事例も増えています。

難関資格だからこそ、USCPAの取得はとても価値が高いです。

\ 今なら2025年中に合格可能

USCPA(米国公認会計士)資格はこんな人におすすめ

USCPAをおすすめする人

USCPAは、以下の人に、特におすすめです。

  • 年収アップでキャリアチェンジしたい人
  • 会計を英語で学びたい人
  • 外資系企業やグローバルに事業を展開する大手企業で働きたい人
  • 働きながら資格を取得したい人
  • CFO(最高財務責任者)に興味がある人

USCPAの無料オンライン説明会に参加する

USCPA取得におすすめの予備校

アビタスのサイト

USCPA取得のための予備校は、いくつかありますが、特におすすめは、合格者実績が豊富なアビタスです。

アビタスをおすすめする理由は、日本語の教材が充実していること、出願手続きなどのサポートが充実しているためです。

合格者の3人に2人が受講生

アビタスの評判、口コミについては、こちらで詳しく解説しています。

USCPA取得者の実際の転職活動

USCPAを取得した方のキャリアは、大手監査法人、コンサル、事業会社の経営企画など様々です。

また、USCPAは、科目合格、勉強中の状況で転職活動をしても、評価してくれる企業もいます。

まとめ

USCPA(米国公認会計士)は意味ない、やめとけと言われる理由について、経験者が解説しました。

今後、USCPA取得者は、さらに需要が高まり、重宝される人材になる可能性が高いです。

USCPAを取得することで、キャリアアップやキャリアチェンジが可能です。

合格者実績が豊富なアビタスの無料オンライン説明会はこちらから予約できます。

\ オンラインで参加可能 /

Q&A

第二新卒で転職を考えていますが、USCPAを取る意味はありますか?

USCPAを取得すると、第二新卒でキャリアチェンジや年収を上げて転職することも可能です。

転職先は、監査法人やコンサルティング会社など幅広い業種にチャレンジできます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

経営コンサルティングファーム勤務。
事業戦略、PMOなどを経験。

コメント

コメントする

目次