【完全版】コンサルのアベイラブルの過ごし方とは?実質クビ?対処法を徹底解説。

当ページのリンクには広告が含まれています。
不安そうなアベイラブルのコンサルタント

本記事では、コンサルのアベイラブルの過ごし方、対処法を徹底解説します。
また、アベイラブル中に転職活動をした事例についても紹介します。

本記事のまとめ

アベイラブルの過ごし方3選

・スカウト型転職サイトに登録する。

・業務経験を積む。

・資格を取得する。

アベイラブルはクビではないが、スキルが身につかないため、長引くとキャリア形成が困難になる。

アベイラブル期間1ヶ月を目安に行動する。

アベイラブル中の最もおすすめの過ごし方は、社内の人とコミュニケーションを取りながら、スカウト型転職サイトで求人を見ておくこと。

ハイクラス向けであるビズリーチリクルートダイレクトスカウトは、高待遇のスカウトが多い。

アサインされた案件が合わなかった、上司と合わなかった場合のリスクヘッジをしておく。

スクロールできます
【ハイクラス向け】公式サイト
リクルートダイレクトスカウト年収800万以上のスカウトが届く
ビズリーチ転職後の平均年収840万円

\ アベイラブル中に登録 /

目次

アベイラブルとは?

アベイラブル中にリラックスしながら仕事をするコンサルタント

通称「アベる」

アベイラブルとは、コンサルタントがプロジェクトにアサインされていない状態を指します。

若手コンサルタントの場合は、コンサルタント自身よりも、所属するコンサルティングファーム都合でアベイラブルになることが多いです。

アベイラブルの過ごし方

経営コンサルタントのデスクの上

コンサルのアベイラブルの過ごし方はとても重要です。

ここでは、アベイラブル中の過ごし方について、具体例を3つ挙げて解説します。

アベイラブルの過ごし方3選

  • スカウト型転職サイトに登録する
  • 業務経験を積む
  • 資格を取得する

最も良い過ごし方は、社内の人とコミュニケーションを取りつつ、スカウト型転職サイトで求人を見ておくことです。

1.スカウト型転職サイトに登録する

スカウト型転職サイトのメリット

すぐに転職したい方は、転職エージェントを活用しましょう。

まだ転職は考えていないが、市場価値を確かめたい、好条件の求人があれば転職したいと考えている方は、スカウト型転職サイトを利用しましょう。

スカウト型転職サイトのメリットは、自分のペースで転職活動ができることです。

ここでは、時間をかけずに市場価値を確認できるサイトを紹介します。

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトは、ハイクラス向けスカウト型転職サイトです。

簡単な質問に答えるだけで、職務経歴書が自動で作成され、年収800万円以上のスカウトを受け取ることができます。

職務経歴書を簡単作成することで、業務経験の棚卸しに役立ちます。

\ 登録して待つだけ /

履歴書の作成方法

アベイラブル中に短期間で転職をしたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

ビズリーチ

ビズリーチは、ハイクラス向けスカウト型転職サイトです。

大手企業、優良企業からのスカウトが多く、転職後の平均年収は840万円となっています。

\ 満足度No.1 /

2.業務経験を積む

アベイラブル中に業務経験を積む方法は2つあります。

社内のプロジェクトの手伝いをすることをおすすめします。

副業は、仕事に慣れてから始めても遅くないです。

社内プロジェクトに参加する

社内プロジェクトとは、提案活動やリサーチ業務です。業務経験を積めるだけでなく、パートナークラスに顔を売るチャンスになります。

やや面倒に感じるかもしれませんが、上司との相性でキャリアが詰む可能性を回避するためにも、多くのパートナークラスと交流を持っておくと良いです。

副業をする

初めての副業はハードルが高く、何から始めれば良いか分からない方は、近年急速に増加しているコンサル経験者向けの案件紹介サイトを利用すると、スムーズに副業を始められます。

手軽に副業を始める場合は、週1日のリモート案件、資料作成やミーティングの議事録作成などがあります。

案件紹介サイトは、単価や業務内容を把握できるため、将来独立を検討している方は、登録しておきましょう。

コンサル経験者におすすめの案件紹介サイトは、こちらで詳しく解説しています。

3.資格を取得する

アベイラブル中に資格の勉強だけをすることは、おすすめしません。

業務経験を積むために、積極的にファーム内で働きかける方が今後のキャリアを考えると、有意義だからです。

一方で、アベイラブル中に資格の勉強をしている若手コンサルタントは多いため、どんな勉強をしているのか、参考までに紹介します。

代表的なアベイラブル中の勉強

・会計

・英語

・IT

・プロジェクト管理

アベイラブル中のコンサルタントにアンケートをとった結果、会計、英語、IT、プロジェクト管理に関する勉強をしている方がほとんどでした。

会計の勉強する人が最も多く、次いで英語、システム関連の勉強をしています。

会計では、簿記だけでなく、アベイラブル期間中にUSCPA(米国公認会計士)にチャレンジする人も増えています。

USCPAにかかった実際の費用については、こちらで詳しく解説しています。

USCPAに興味がある場合は、合格者の約3人に2人がアビタスの卒業生なので、無料オンライン説明会に参加してみてください。

\ オンライン参加可 /

アベイラブルは実質クビ?

アベイラブルのコンサルタントがクビになりそうで不安を感じている

短期間のアベイラブルの場合、特に問題はありません。

あまりにもアベイラブル期間が長いと、「コンサルタント自身に問題があるのでは?」とファーム内で噂が広まり、実質クビ(退職勧奨)の宣告を受けることがあります。

行動する目安は?

下記に該当する方は、

いつでも動ける状態にしておくと、キャリアに傷がつくことなく転職が可能です。

  • 1ヶ月以上のアベイラブルが想定される。
  • アベイルブルになって1ヶ月が経過した。

アベイラブルで1ヶ月が経過した場合は、スカウト型転職サイトを積極的に活用しましょう。

良い条件のスカウトを受け取ることで、現在の職場に残るべきか転職するか判断することが可能です。

\ 登録して待つだけ /

アベイラブルの最長

ソファーで仕事をするコンサルタント

アベイラブルの期間で最長は半年ほどです。(最も多いのは2週間)

近年は、大量採用により、稀に、半年以上のアベイラブルになっている若手コンサルがいますが、アベイラブル期間が長すぎると、転職活動時に、職務経歴書の記載が困難になることがあります。社内プロジェクトのリサーチ業務やセミナー用の資料作成に関わるなど積極的に動きましょう。

アベイラブルが長引く場合は、ビズリーチリクルートダイレクトスカウトに届く求人と比較して、必要であれば転職を検討しましょう。

ビズリーチリクルートダイレクトスカウトは、登録している企業が違うため、両方登録することをおすすめします。

損をするコンサルの特徴

ここでは、損をするアベイラブル中のコンサルの特徴を紹介します。

勉強だけしている

アベイラブル中に勉強だけすることはおすすめしません。

まとまった時間があるため、つい勉強に集中しがちですが、ファーム内での評価、信頼を積むことができず、昇進が遅れる可能性があります。

上司とのコネクションが全くない

コンサルティングファームでの自身の評価は、プロジェクト中の上司で決まります。

そのため、長期間のアベイラブル後、アサインされたプロジェクトで、上司と相性が悪かった場合、次のアサインはさらに困難となります。

会社を辞めたいと思っても、すぐに転職することはできません。

一般的には、転職希望時期の半年前から、転職サイトに登録しておくことが理想です。

転職活動の平均的な期間は2カ月なので、転職希望時期の3~4カ月前に書類選考からスタートするのがベスト。

参照元:半年後に入社希望の場合、いつから転職活動を始めるべき?

複数の転職サイトの求人から、市場価値を把握し、転職か現職で昇進すべきか判断することがおすすめです。

コンサルから他社コンサル、ポストコンサルに強い転職サイトについては、こちらで詳しく解説しています。

アサインされない理由

会社がプロジェクトを取れていない

コンサルタントをアサインできるプロジェクトを取れていない状態です。

スキルが足りない

コンサルタント自身のスキルが足りず、プロジェクトはあるもののアサインできない状態です。

アサインするコンサルタントの決め方は?

会議をしているコンサルタント

アサインするコンサルタントの決め方は、ファームによって様々です。

複数の候補者の中から、パートナーが人事部と話し合いで決める方法パートナーと候補者が面談をしてアサインを決定する方法があります。

若手のうちは、自分の希望するプロジェクトにアサインされることは少ないため、スキルと実績を積み重ねていく必要があります。

【後悔】アベイラブル中のコンサルタントが後悔したことは?

後悔しているコンサルタント

アベイラブル期間中の時間があるうちに、行動すべきだったと後悔するコンサルタントは少なくありません。

アベイラブル中のコンサルタントが注意すべきことを解説します。

転職市場の変化

転職したいと思ってもすぐに転職できるわけではありません。

ビズリーチリクルートダイレクトスカウトで、定期的に求人を見ておけば、焦らずに済んだという方が多いです。

「コンサル出身者は、転職で引く手あまた」といわれてきました。

しかし、近年の大量採用により、転職市場には、コンサル出身者が増えてきており、今後も増加していきます。

転職の際には、数多くのコンサル出身者がライバルであり、計画的に転職活動を進める必要があります。

アベイラブルの実態

コンサルファームでは、新規プロジェクトを開始する際にコンサルタントが不足しないように、常に余剰人員を抱える人員計画をしています。

そのため、アベイラブルになったからといって、深刻に考える必要はありません

一方で、自身の良くない評判が広がったり、運悪くアベイラブル期間が長引いてしまうと、挽回することは困難なため、別ファームでのキャリアを検討しましょう。

アベイラブル期間が半年を過ぎる場合は、転職サイトや転職エージェントを利用して、転職意思がなくても、求人を見ておきましょう。

\ 登録して待つだけ /

アベイラブル中の転職活動はバレる?

転職エージェントに電話をするコンサルタント

アベイラブル中に、転職活動をしてもバレることは、ほとんどありません。

スカウト型の転職サイトを利用すると、登録情報から転職活動中であると推察される場合はありますが、可能性は限りなく低いです。

また、リクルートダイレクトスカウトは、所属企業をブロックする機能があるため、転職活動がバレることがありません。

\ バレずに転職 /

若手コンサルの転職事例

1年目の新卒コンサルタント

新卒コンサルタント

新卒研修後、1つ目のプロジェクトに半年間アサインされました。

プロジェクト終了時の評価が良くなく、アベイラブルが長引いてしまいました。

新卒1年目で、転職を考えていませんでしたが、興味があった業界のアサインが確約されたオファーだったため、転職を決意しました。

転職前:年収600万円→転職後:年収750万円

1年目の中途コンサルタント

中途コンサルタント

中途入社後、なかなかアサインされず、やっとアサインされたプロジェクトでは、前職の専門性を活かせず、上司とのコミュニケーションも上手くいきませんでした。アベイラブルが長引きそうだったので、転職を検討したところ、新卒時に憧れがあったファームからオファーをいただいたため、転職しました。

転職前:年収550万円→転職後:年収700万円

手厚い転職サポートを希望する場合は、アクシスコンサルティングを利用しましょう。

\ 大手ファームの4人に1人が登録 /

アベイラブル時の不安の対処法

市場価値を確認する

アベイラブル中のキャリアへの不安解消には、自分の市場価値を把握することが最適です。

直近で転職する意思がない方は、リクルートダイレクトスカウトビズリーチを活用すると、市場価値を把握できます。

リクルートダイレクトスカウトを活用した市場価値の確認方法

STEP
質問に答えてレジュメを作成する
リクルートダイレクトスカウトを活用した職務経歴書の作成方法

質問に答えるだけで、簡単にレジュメを作成できます。

STEP
スカウトを待つ

届くスカウト数が少ない場合は、レジュメの更新をしたり、定期的にログインすると、企業担当者の目に留まりやすくなります。

環境を変える

せっかくコンサルティングファームに入社したのに、結果を出せない、上司と上手くコミュニケーションを取れないという方は、少なくありません。

このような場合、自分に原因があると考えがちですが、プロジェクトを変えたり、会社を変えることで、改善することがとても多いです。

プロジェクトで結果を出せなかった、上司と上手く行かない、長期間アサインされない場合は、アクシスコンサルティングに無料相談して、他社のプロジェクト内容や年収を聞いてみると良いでしょう。

\ 大手ファームの4人に1人が登録 /

アベイラブル中に転職はできる?

アベイルブル中に転職することは可能です。

転職サービスの効率的な使い方

・転職の意思がない

→スカウト型転職サイト

・転職時期が決まっていない

→スカウト型転職サイト

・短期間で転職したい

→転職エージェント

1つの転職サイトでは、非効率なので、複数の転職サイトを併用しましょう。

アベイラブル中のコンサルタントにおすすめの転職サイトは以下の3つです。

転職サイトは、数多くありますが、コンサル特化型、総合型、スカウト型の1つずつをバランス良く登録すると効率的に転職活動ができます。

リクルートダイレクトスカウト

リクルートダイレクトスカウトのサイト

■スカウト型転職サイト

リクルートダイレクトスカウト

登録するだけで年収800万円以上のハイクラス求人が届くサービスです。

こんな人におすすめ

・転職サイトの登録が面倒
・職務経歴書の作成が面倒
・転職活動がバレたくない

\ 登録後は待つだけ /

リクルートダイレクトスカウトの口コミ、評判は、こちらで詳しく解説しています。

アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングのサイト

■コンサル特化型転職エージェント

アクシスコンサルティング

コンサル業界への転職実績No.1のエージェントです。

\ 大手ファームの4人に1人が登録 /

アクシスコンサルティングの口コミ、評判は、こちらで詳しく解説しています。

JAC リクルートメント

JACリクルートメントのサイト

■総合型転職エージェント

JACリクルートメント

ハイクラス転職満足度が高いエージェントです。

\ ハイクラス転職満足度No.1 /

上記3つがアベイラブル中のコンサルタントに特におすすめですが、コンサル経験者におすすめの転職サイトについては、こちらで詳しく解説しています。

コンサル経験者の満足度が高い転職サービス

厚生労働省の令和2年度職業紹介事業報告書によると、約26,000社の転職エージェントが存在しています。

転職が確定した人は、平均4.2社の転職エージェントを利用しています。

コンサル業界への転職をする場合、「コンサル特化型」「総合型」「スカウト型」の転職サイトを併用すると、効率良く転職活動を進められますので、ぜひ参考にしてください。

転職決定者の転職エージェントの登録数は平均4.2社!

参照元:リクナビNEXTによる就職・転職エージェントの平均利用者数

1.アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングのサイト

出典:アクシスコンサルティング

おすすめ度:

公式サイト:アクシスコンサルティング

アクシスコンサルティングは、コンサル業界に特化した転職エージェントです。

コンサル業界への転職でNo.1(2014年〜20年の大手コンサルティングファーム在籍者の転職支援数第1位)の実績となっています。

アクシスコンサルティングの口コミ、評判は、こちらで詳しく解説しています。

\ 大手ファームの4人に1人が登録 /

アクシスコンサルティングを利用した転職事例

  • 20代の転職事例
    1.広告代理店
    →日系大手コンサルティングファーム
    2.システムエンジニア
    →外資総合コンサルティングファーム
    3.日系シンクタンク(コンサルタント)
    →外資系コンサルティングファーム(シニアコンサルタント)
  • 30代の転職事例
    1.外資系コンサルティングファーム(SCMコンサル シニアマネージャー)
    →PEファンド(バリューアップ担当 ディレクター)
    2.外資系戦略ファーム(マネージャー)
    →メガベンチャー(戦略企画 部長)
    3.日系コンサルティングファーム(中小企業向けの経営戦略策定・導入)
    →大手メーカー(経営企画 マネージャー候補)
出典:アクシスコンサルティング

2.JACリクルートメント

JACリクルートメントのサイト

出典:JACリクルートメント

おすすめ度:

公開求人数:約12,000件

公式サイト:JACリクルートメント

JACリクルートメントは、ハイクラス向け総合転職エージェントです。

コンサル業界の求人だけでなく、外資系企業や日系グローバル企業の求人が多いです。

キャリアアップや年収アップを目指す場合におすすめです。

\ ハイクラス転職満足度No.1 /

3.コトラ

コトラのサイト

出典:コトラ

おすすめ度:

公開求人数:約23,000件

公式サイト:コトラ

コトラは、ハイクラスの専門職に特化したエージェントです。

金融・IT・コンサル・製造業・経営層の求人を豊富に持っており、非公開求人は10,000件以上も保有しています。

特に、コンサル、財務会計領域に進みたい方におすすめです。

\ ハイクラス専門職特化 /

コトラの評判、口コミは、こちらで詳しく解説しています。

4.コンコード

コンコードのサイト

出典:コンコード

おすすめ度:

公式サイト:コンコード

コンコードは、コンサル業界に特化した転職エージェントです。

「日本ヘッドハンター大賞」で、2010年に初代MVP賞を受賞した実績のある転職エージェントです。

5.ムービン

ムービンのサイト

出典:ムービン

おすすめ度:

公開求人数:約2,500件

公式サイト:ムービン

ムービンは、コンサル業界に特化した転職エージェントです。

まとめ

  • アベイラブル期間1ヶ月を目安に行動する。
  • アベイラブル中の最もおすすめの過ごし方は、社内の人とコミュニケーションを取りながら、スカウト型転職サイトで求人を見ておくこと。
  • ハイクラス向けであるビズリーチリクルートダイレクトスカウトは、若手コンサルにも高待遇のスカウト届く。
  • アサインされた案件が合わなかった、上司と合わなかった場合のリスクヘッジをしておくことが重要。

コンサルから他社コンサル、ポストコンサルに強い転職サイトについては、こちらで詳しく解説しています。

アベイラブル中のよくある質問

コンサルタントとしてプロジェクト経験が少なくても転職できますか?

プロジェクト経験が少なくても、問題なく転職できます。他社コンサルティングファーム、事業会社に転職したい場合、まずは無料相談をしてみましょう。

アベイラブルが長引いており、焦りが出てきて、何も手につきません。

次のプロジェクトで結果を出すために、勉強することも良いですが、可能であれば、社内プロジェクトに参加しましょう。例えば、プロジェクトの提案活動の資料作成やリサーチ業務です。そのまま、プロジェクトにアサインされる場合があります。また、別のプロジェクトのアサイン時に、名前が上がりやすくなることがあります。

アベイラブルで半年が経ってしまいました。昇進は諦めた方が良いでしょうか?

次のプロジェクトで1つ上のランクの仕事ができれば、昇進は可能です。ただし、社内でご自身の良くない噂が広まっている場合は、アサインされなかったり、成長できるプロジェクトに恵まれないことがあるので、別のコンサルティングファームに移ることをおすすめします。年収アップが期待できますし、再度キャリア形成することが可能です。

コンサル1年目なのですが、アベイラブル中に転職は可能ですか?

コンサル1年目で転職する方もいます。

コンサル1年目の転職は、総合コンサルから他の総合コンサル、総合コンサルから戦略コンサルへのポテンシャル採用が多いです。この場合、売り手市場のため、ほとんどが年収アップで転職可能です。

一方で、コンサル1年目で事業会社に転職する場合、年収アップでの転職は難しく、同程度の年収になるか、年収がやや下がる場合があります。

転職はまだ考えてないですが、市場価値を確認したいです。

リクルートダイレクトスカウトを利用すると、無料で市場価値を把握できます。

コンサル出身者の場合、年収800万円以上のスカウトを多く受け取れます。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

経営コンサルティングファーム勤務。
事業戦略、PMOなどを経験。

コメント

コメントする

目次