USCPAにかかる実際の費用はいくら?アビタスは入会キャンペーンがある?

当ページのリンクには広告が含まれています。
仕事をするUSCPA(米国公認会計士)

本記事では、USCPAにかかる実際の費用について紹介します。

本記事のまとめ

・アビタスのフルパックを利用すると、受講料は734,000円かかった。

・アビタスでは、キャンペーンを複数行っているため、受講する場合は、公式サイトを確認する。

公式サイト:アビタス

\ 無料オンライン説明会に参加可能 /

スクロールできます
ハイクラス向け転職サイト一覧
リクルートダイレクトスカウト年収800万以上のスカウトが届く
ビズリーチ転職後の平均年収840万円
目次

実際にUSCPAにかかった費用

アビタスのスタンダードパックは、税込みで616,300円〜となっています。

上記の金額は、受講料だけでなく、出願、USCPAライセンス取得までに必要な単位取得費用を含んだ合計額です。

しかし、筆者のように、大学が理系学部で、ビジネスや会計に関連する単位が1つもなければ、アビタスのフルパックを受講する必要があります。

結果として、アビタスに支払った受講料は、フルパックの734,000円となりました。

アビタスに入会キャンペーンはある?

アビタスには、複数のキャンペーンがあります。以下、代表的な割引キャンペーンを紹介します。

学生割引

学生の場合、アビタスの受講料が50,000円オフになります。

新卒1年目割引

新卒1年目の場合、アビタスの受講料が50,000円オフになります。

資格割引

公認会計士資格を持っている場合、アビタスの受講料が50,000円オフになります。

TOEIC800点以上のスコアを持っている場合、アビタスの受講料が10,000円オフになります。


その他にも、アビタスには、様々な割引キャンペーンがありますので、

無料説明会、カウンセリングにて、適用できるキャンペーンがないか確認しましょう。

\ 無料説明会はこちら /

まとめ

USCPAにかかる実際の費用、アビタスの受講料やキャンペーンについて、紹介しました。

アビタスの費用は、大学時の取得単位の状況にもよりますが、スタンダードパックは、税込みで616,300円〜となります。

筆者のように、大学時にビジネス、会計関連の単位が1つも取得していない場合は、フルパックの734,000円を受講する必要があります。

キャンペーンや割引があるので、アビタス無料説明会やカウンセリングを利用して、少しでも費用を抑えましょう。

USCPAの予備校アビタスについては、こちらでくわしく解説しています。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

経営コンサルティングファーム勤務。
事業戦略、PMOなどを経験。

コメント

コメントする

目次