【社会人限定】語学留学で後悔しない方法を留学経験者が徹底解説。

当ページのリンクには広告が含まれています。

社会人で語学留学を検討する方は多いです。

筆者は、経営コンサルタントとして働く中、短期間で英語力を上げる必要に迫られたため、語学留学に行きました。

本記事では、 体験談を踏まえて、社会人が語学留学で後悔しない方法を解説します。

スクロールできます
ハイクラス向け転職サイト一覧
リクルートダイレクトスカウト年収800万以上のスカウトが届く
ビズリーチ転職後の平均年収840万円
目次

語学留学をする目的

社会人は、学生ほど自由に時間を使えるわけではありません。

時間がない中、なぜ語学留学をする必要があるのか。

社会人である自分が、語学留学をする目的を考えることで、目的に合った満足度の高い語学留学ができます。

社会人が語学留学をする場合、以下の4つのスタイルに分けられます。

短期集中型

・短期間で英語力を上げる必要がある。

・観光や友達作りの意識は少ない。

(筆者はこのスタイルです。)

メリット

最短1週間からでも留学が可能なため、コストが安い。

社会人の英語力向上には、短期集中型が最もおすすめ。

長期留学型

・数ヶ月かけて、英語力を向上させる。

・異文化交流、友達づくりも大切にしたい。

留学期間が長いため、コストが高い。

日本人ばかりと話をしていると、全く英語力は上がらない。

時間をかけて英語力向上を目指すスタイルは、社会人にはおすすめしない。

休暇型

・英語力を上げたいが、明確な危機感、目標はない。

・リゾート地で、リラックスしつつ、観光や友達作りを優先して、楽しみたい。

日々の生活を癒すために留学するこのスタイルは、社会人にもおすすめ。

【いつまでにどのくらい】英語を向上させたいかが明確にある社会人の場合は、短期集中型がおすすめ。

仕事体験型

・英語力はそこそこある。

・ワーキングホリデーやインターンシップで英語を使った業務経験を積みたい。

仕事体験型は、仕事で英語が使えるとはいえ、経験がないため、雑用ばかりになる恐れがある。

雑用以外の仕事をしようとすると、長期間の留学になりがちで、ビザの取得も面倒。

社会人は短期集中型の語学留学がおすすめ

社会人が短期集中型の語学留学をするメリットは以下です。

  • コストが安い。
  • キャリアに穴が空かない。
  • 確実に英語力を上げられる。

英語力を上げるためには、時間をかければ良いというわけではありません。

長期間の留学をしても、結局日本人同士で遊んでしまったり、ダラダラしてしまい、英語力が留学前と変わらない人を何人も見てきました。

学生であれば、英語力が上がらなくても、経験としては良いかもしれませんが、

多忙な社会人にとっては、お金も時間もかけて、留学したのに、英語力が上がっていなければ、留学失敗と言えるでしょう。

留学失敗しないために、社会人には、短期留学型が最もおすすめなのです。

MeRISE留学(ミライズ)

ミライズ留学のサイト

出典:ミライズ留学

ミライズ留学 は、最短1週間から留学が可能で、留学経験者の満足度が9割以上と非常に高いです。

公式サイト:ミライズ留学

\ 条件に合った無料見積もりが可能 /

※繁忙期(8月〜9月)は、留学枠の確保ができない場合があるので、

少しでも興味がある場合は、早めに無料見積もり・相談をしておきましょう。

ミライズ留学を使うメリットは以下です。

  • コストが安い。
  • 休日は、ビーチでアクティビティができ、オンオフを切り替えて勉強可能。
  • 日常会話〜ビジネスシーンで使える幅広い英語に対応している。
  • 完全オーダーメイドのため、一人一人に合った留学プランが立てられる。

まとめ

社会人が語学留学で後悔しないためには、語学留学をする目的を考えることが大切です。

初めての英語面接対策については、こちらで詳しく解説しています。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

経営コンサルティングファーム勤務。
事業戦略、PMOなどを経験。

コメント

コメントする

目次