20代で年収1000万円に到達するために注意すべきことを現役コンサルが解説

当ページのリンクには広告が含まれています。
20代で年収1000万円稼ぐサラリーマンが働く建物

20代で年収1000万円を目標にする人は多いです。

本記事では、年収1000万円に到達するために、注意すべきことを解説します。

スクロールできます
ハイクラス向け転職サイト一覧
リクルートダイレクトスカウト年収800万以上のスカウトが届く
ビズリーチ転職後の平均年収840万円
目次

20代で年収1000万円の割合

厚生労働省の「令和元年賃金構造基本統計調査の概況」によると、20代で年収1000万に到達している人は、男女とも0.0%です。

20代で年収1000万円に到達している人の割合は、全体のごく一部であり、現実的には多くの人がこの目標を達成していません。

以下では、20代で年収1000万円に到達している人の主な職業について見ていきます。

20代で年収1000万円に到達している人の職業

商社

商社は、国内外の商品の貿易や流通、事業投資を行う企業です。20代で年収1000万円を超えるためには、優れた交渉力や販売力を持ち、成果を上げることができる人が多いです。

商社は海外駐在もあり、若い世代でも高収入を得ることが可能です。

コンサルティング

コンサルティング業界も20代で年収1000万円に到達することができます。特に戦略コンサルティングや高度な専門知識が求められる分野では、高収入を得ることができるでしょう。

ただし、コンサルティングは高いスキルと経験が求められるため、競争が激しく、成功するためには努力と実績が必要です。

コンサル業界に強い転職エージェントはこちらで詳しく解説しています。

金融

金融業界も20代で年収1000万円に到達することが可能です。特に投資銀行やヘッジファンドなどの金融機関では、2000万円を超えることもあります。

ただし、金融業界は厳しい競争があり、長時間労働が求められることもあるため、精神的な負担が大きい職業として知られています。

20代で年収1000万円に到達するために注意すべきこと3選

注意すべきこと

20代で年収1000万円に到達するためには、以下の3つのポイントに注意する必要があります。

  • 高収入の業界に就職する。
  • 転職サイトで市場価値を確認する。
  • こまめにレジュメを更新し続ける。

ここでは、上記の3つについてさらに詳しく解説します。

高収入の業界に就職する

20代で年収1000万円に到達するためには、高収入の業界に就職することが重要です。

先ほど挙げた商社、コンサルティング、金融などが代表的な高収入の業界ですが、他にもIT、医療、エンジニアリングなどの分野でも高収入を得ることができる求人があります。これらの業界は、専門知識やスキルが求められるため、大学や専門学校での学びを活かすことができる場合が多いです。

ただし、高収入の業界は一般的に競争が激しい傾向があるため、自己PRや職務経歴書の作成にも工夫が必要です。自分の長所をアピールし、企業の求める人材像に合わせてアプローチすることが重要です。

転職サイトで市場価値を確認する

20代で年収1000万円を目指す場合、転職サイトを活用して自身の市場価値を把握することが大切です。

転職サイトでは、同じ職種や経験年数の人々の給与情報を参考にすることができます。自分の経験やスキルを客観的に評価し、市場平均の給与水準と比較してみることで、現状のポジションや収入に対する客観的な評価を得ることができます。

また、転職サイトでは企業の求人情報も閲覧できるため、自分の希望条件に合った求人を探すこともできます。新たなキャリアの可能性を見つけるために、定期的に転職サイトをチェックして情報収集を行うことが重要です。

こまめにレジュメを更新し続ける

20代で年収1000万円を目指すためには、自分の強みや成果を示す履歴書(レジュメ)の更新を怠らないことが大切です。自分の経験やスキルをアピールするために、具体的な実績やプロジェクト経験を記載しましょう。

特に、新しいプロジェクトに携わったり、成果を上げたりした場合には、すぐにレジュメを更新しておくことで、自己アピールの材料にすることができます。

また、求人に応募する際には、企業が求めるスキルや経験に合わせてレジュメをカスタマイズすることも重要です。自分の強みをアピールし、求人にマッチするアプローチを心掛けましょう。

20代で年収1000万円の企業、職業に転職するためにおすすめの転職サイト

厚生労働省の令和2年度職業紹介事業報告書によると、約26,000社の転職エージェントが存在しています。

転職が確定した人は、平均4.2社の転職エージェントを利用しています。

例えば、未経験からコンサル業界への転職をする場合、「コンサル特化型」「総合型」の転職エージェントを併せて5社登録すると、効率良く転職活動を進められますので、ぜひ参考にしてください。

転職決定者の転職エージェントの登録数は平均4.2社!

参照元:リクナビNEXTによる就職・転職エージェントの平均利用者数

【ハイクラス向け】現役コンサル、コンサル出身者も実際に利用する転職サイト

■コンサル特化型転職エージェント

アクシスコンサルティング

コンサル業界の転職に強く、Big4への転職、ポストコンサルの求人が豊富です。

■総合型転職エージェント

JACリクルートメント

コンサル業界だけでなく、幅広い業界のハイクラス求人が豊富です。

■スカウト型転職サイト

リクルートダイレクトスカウト

登録するだけで、年収800万以上のスカウトが届きます。

ハイクラス転職に強い転職エージェントはこちらで詳しく解説しています。

転職エージェントの選び方

相性が良い

転職エージェントを選ぶ際に、まず重要なのは自分との相性です。相性が良いエージェントとは、自分の希望や要望を理解し、丁寧にサポートしてくれるエージェントのことを指します。

転職活動は個人のキャリアに関わる重要な決定であり、自分にとって最適な案件を提案してくれるエージェントが求められます。

自分との相性を判断するためには、エージェントと面談を行うことが重要です。面談の中で、エージェントの対応や話し方、提案してくれる求人案件などを確認しましょう。

また、転職エージェントのウェブサイトや口コミを参考にすることも有効です。相性が良いエージェントを見つけることで、転職活動がスムーズに進む可能性が高まります。

希望する業界に知見がある

希望する業界に知見があるかどうかを確認しましょう。転職エージェントが得意とする業界が自分の希望する業界と一致しているかが重要なポイントです。

エージェントが特定の業界に詳しく、豊富な求人情報を持っている場合、希望する職種や条件の求人を効率的に提案してもらえるでしょう。

希望する業界に知見があるかどうかを確認するには、エージェントのウェブサイトや広告、求人案件の紹介ページをチェックすると良いでしょう。

また、実際に面談を行う際には、希望する業界の求人に対してどのような提案があるのかを確認しましょう。自分のキャリアに合った求人を提案してくれるエージェントを選ぶことで、転職活動がより効果的になります。

希望に沿った求人の提案がある

転職エージェントの選び方で最も重要なポイントの一つが、希望に沿った求人の提案があるかどうかです。エージェントの役割は求職者と企業をつなぐことであり、自分に合った求人案件を提案してもらうことが転職成功の鍵となります。

希望に沿った求人の提案を受けるために、希望条件を明確に伝えましょう。

転職エージェントには自分の希望条件を明確に伝えることが重要です。求める職種、勤務地、給与、勤務時間など、希望条件を具体的に伝えることで、より適切な求人案件を提案してもらえるでしょう。

こんな転職エージェントはやめとけ?おすすめしないエージェント

大量の求人を送りつけてくる

大量の求人を送りつけてくるエージェントも存在します。これは、単に求人の数を増やすことで成果を上げようとするやり方であり、求職者のニーズに合わない求人を紹介する可能性が高くなります。

希望に合わない求人ばかり

求職者の希望やキャリアプランに合った求人を提案してくれるはずですが、中には希望に合わない求人ばかりを紹介するエージェントも存在します。これは、エージェントの利益優先であり、求職者のキャリア形成や希望に対して無理強いすることが考えられます。

求職者は、自分のキャリアやライフスタイルに合った求人を重視し、転職エージェントとコミュニケーションを取る際に自分の希望をしっかりと伝えることが重要です。もし、エージェントが希望に合わない求人ばかりを紹介する場合は、他のエージェントを検討することをおすすめします。

返事が遅い

転職活動中は、タイミングが重要です。求職者が興味を持った求人情報に対して早く返答することが大切ですが、中には返事が遅い転職エージェントいます。これは、適切なフォローアップが行われていないことが考えられます。

求職者は、転職エージェントの対応スピードやフォローアップの質を事前に確認することが大切です。もし、エージェントの返事が遅い場合は、求職者の重要性を考慮していない可能性がありますので、他のエージェントを検討しましょう。

【アンケート結果】20代で年収1000万円を超えた人たちの声

とにかく仕事が楽しい

仕事の成果が認められて楽しい。クライアント、上司に期待されているので頑張れる。

プライベートを犠牲にした

求められる仕事のレベルが高く、平日遅くまで仕事をした。休日は、平日のために、勉強や作業をして、少しでも平日の時間に余裕ができるようにしていた。クライアント、上司との飲み会もあり、プライベートはほぼなかった。

家庭を持つと今の働き方はできない

20代で年収1000万円に到達したが、30代目前で、人生観が変わった。子供を持って、家庭の時間を大事にしたいと思い、年収は少し下がっても、他業界への転職をすることにした。

精神を病んでしまった

社内競争が激しく、同期の中でも最短で昇進したが、上のランクでの仕事の質、量についていけず、精神を病んだ。数ヶ月休職した後、転職した。

まとめ

20代で年収1000万円に到達するために、やるべきことを解説しました。

こまめに転職サイトの情報を更新して、いつでも転職できる状態にしておくことが重要です。

また、高収入の業界は、激務であることが多いので、自分の適性に合っているかを見極めることも大切です。

未経験からコンサル転職については、こちらで詳しく解説しています。

よかったらシェアしてね!

この記事を書いた人

経営コンサルティングファーム勤務。
事業戦略、PMOなどを経験。

コメント

コメントする

目次